英語学習モチベーションを維持するには?効率的な伸ばし方と大事なこと

英語学習で何が難しいかというとモチベーションを保ったまま続けることなのではないかと思います。
かくいう私もやってはやめてを繰り返してきています。
今はようやく2〜3年続けることが出来ています。
では、どうすれば維持していけるのか?
続けるためのコツをまとめてみました!というか私がやっている続けるコツです!

スポンサーリンク
  

英語学習モチベーションを維持する方法

目的を決める

実はコレが1番大事で、なんとなくで英語を始めた人は続かない人が多いです。
私も最初始めた頃は目的がなく、なんとなくで始めてしまっていたのです。
旅行が好きだったので「旅行で困らない程度の英語力」くらいにしか考えていませんでした。
もちろん続きません。
なぜなら目的が明確ではないからです。
人は明確な目的や目標がないと進みにくい。。。いや、進めません!!

旅行英会話ってひとくくりで言ったら範囲が広すぎて何から手を付けていいのか分かりません。
空港で?ホテルで?観光で?
教科書に載っている通りの英語でもないし、その時の自分のスチュエーションが分からないとどこを押さえればいいのかも分かりません。
旅行の予定が立っていて、行く場所もある程度決めていれば必要となってくる英会話も想像がつきますが、ただ旅行英会話をしようと思っても広い海を泳ぐようなもので、きっとそんなには身にならないと思います。

「字幕なしに英語が理解出来るレベルになりたい」
というのも同じで、すごく幅が広いのです。
日常よく使われる英会話でもスラングばかりで聞き慣れないかもしれません。それ以外に専門性の高い言葉も入ってくるので理解出来るようになるまで大変難しいです。
こうなってくると途中で投げ出してしまうことが多いです。

なので、英語を何のために必要で、何のために使うのか?と言うことを明確にしていきましょう!!

目的・目標がある→必要だからやる!!

来月アメリカ旅行に行く!→だから旅行英会話の○○と○○の部分だけをする!
来年留学する!→だからそのために必要なIELTSのスコア6.0以上目指す!
海外の○○(専門職)で働きたい!→だから専門性の高いビジネス英会話をする!

目的・目標が細かくなればなるほど、やることが絞れてくるので、その分学習もやりやすくなってきます。

そう、ひとそれぞれ目的は違います。

スポンサーリンク

これから学ぶことは自分自身の目的に合うものにして行くことが大事です!
これだけでモチベーションも変わってきます!!

英語学習効率的な伸ばし方

英語は習得者から習う方が効率的です。

英語習得の近道は英語を習得した同じ日本人に教えてもらうことだと感じています。
なぜ同じ日本人に習うかと言うと、習得していく過程を知っているからです!
どんな風に覚えたのか?どのように克服していったのか?
日本人の癖(良い部分・悪い部分含め)を全て知っているからこそのメリットがあるのです!
英語始めたばかりの人は同じ日本人から習うことをおすすめします。
その方が気が楽なのもありますし、文法を英語で説明されてもついていけません(もしかして私だけ!?)

ある程度のレベルまできているのならネイティブに習うほうが良い場合もあります!
私はネイティブから日本人の方にシフトしたおかげでだいぶ英語の理解が深まり、いざという時は日本語で聞けるので、ストレスがなくなりました。
あと、ポイントとして先生選びも大切です!
いろんな先生のレッスンを受けてから検討して、自分に合った先生を選ぶことをしましょう!
妥協なしで!英語の伸びが変わってきます。

英語学習の仲間を作ろう!

モチベーション維持の一つは一緒に頑張れる仲間がいること!
お互い声を掛け合うことが出来るし、
一緒に英語関係のイベントに参加したり、そこで新しく知り合いになったり!
どのような英語学習が効果的だったのかなどの情報交換が出来ます。
語学学習者の方は学習熱が高い人多めなので、
「自分1人じゃない!頑張ろう!」とモチベーションも高まります。

英語学習続けるための大事なこと

全てやろうとするから挫折します!
必要なことだけでいいのです!
必要な勉強だけでいいのです!

何よりも毎日続けることが大事

10分でも5分でもいいので、毎日英語に触れることが大事です。
英語の単語帳眺める・ラジオを聴く・NHK英語番組を観るなどなんでもいいです。
常に英語を感じること!
それを習慣化させれたら英語は身に付いてきます!

まとめ

英語学習を続けていくことは容易ではないのかもしれません。
でも、明確な目的・目標があれば人は突き進むことが出来ます。
その中で、よき先生や仲間にも巡り会えたりします。
英語がんばって!自分が持っていきたいレベルまで行きましょう♪

スポンサーリンク