箱根神社の平和の鳥居へのアクセス方法や行き方 混雑状況をレポ!

編集長coco
こんにちは!編集長cocoです!

箱根神社へ参拝へ行ってきました!

有名な観光スポットで撮影スポットといえば「平和の鳥居(へいわのとりい)」ですよね!

ただ私が行った日が土日祝の3連休のど真ん中で

混雑がひどくて平和の鳥居の撮影待ちに長蛇の列が・・・

平和の鳥居へのアクセス方法、行き方など、

そして平和の鳥居撮影までの行列の待ち時間、混雑状況をレポします!

スポンサーリンク

箱根神社の平和の鳥居へのアクセス方法や行き方はコレ!

編集長coco
箱根神社は結構広かった〜!

平和の鳥居への行き方を紹介するね!

箱根神社「平和の鳥居」へは、

アクセス方法や参拝前にするか後にするかにより行き方が異なるので、

3通りの行き方を紹介します!

箱根の旅に出たのは10月の頭で過ごしやすい気候のはずが

夏の暑さが戻ってしまうややこしい3連休半ば

天気がいいのもあって箱根神社自体多くの観光客で賑わっていました。

まず私が箱根神社へ向かうために降り立ったのが箱根海賊船発着所「元箱根港」で、

そこから箱根神社へ向かって参拝を済ませてから

「平和の鳥居」へ向かいました。

今回私は「まっぷる 箱根mini’19 (マップルマガジン 関東 14)」にお世話になりました!

とてもわかりやすい箱根神社のマップでした。

箱根神社の公式サイトにもマップがあったのでそちらを引用させていただきます!

参拝してから平和の鳥居へ行くのなら、

御本殿からまっすぐ降りて行くと「平和の鳥居」へ辿り着くことができます⇩

引用:箱根神社マップ

先に平和の鳥居へ行ってから参拝するのならこう行くと早めに辿り着けます⇩

元箱根町からだと湖沿いを歩いて行くと近かったです。

ただ森の中のような場所を歩くことになるので足場が悪く

雨が降った翌日だと泥がすごいことに・・・

台風が去った後だったから倒木があったりで^^;

まぁまぁそんな時もあるのかもしれないけど、って感じです。

箱根園方面から向かうなら⇩

引用:箱根神社マップ

箱根神社はとにかく歩くし、階段の上り下りも多かったから

動きやすい運動靴がよかったよ!

箱根神社の平和の鳥居に行列?混雑状況や待ち時間をレポ!

編集長coco
平和の鳥居がこんなに行列を作っているなんて〜〜

ビックリした!

じゃあ、次は箱根神社「平和の鳥居」の撮影するには並ぶ??

という点ですが、

行列ができてました。時間は午後3時ごろ。

マップでいうと平和の鳥居から⑦第四鳥居までズラッと!

これは少なくても30〜40分は待つね・・・

時間的にピークの時間帯でもあったのかもしれない。

特にカップル、女友達同士、外国人観光客が多かったです。

1組の撮影がすぐ終わるというわけではないので、

行列ができていたら待ち時間1時間は覚悟しておいた方がいいですね。

実際いい天気の時はこんな風に撮れるので⇩

撮った写真は格別のものになることは間違いなしではありそうです。

平日であったり、天気が悪かったりだとそこまでないかもですが、

土日祝あたりは仕方ないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

箱根神社の平和の鳥居の撮影おすすめ時間は?

編集長coco
土日や祝日は気をつけてね〜混雑に!

平和の鳥居で撮影するなら朝がおすすめ!

夕日を狙っているなら別ですけどね。

特にアクセスが電車やバスの人は早めがいいよ〜

朝ならどんだけ混雑してもまだ時間に自由がきくんだけど、

夕方あたりになってくると「箱根湯本駅」までのバスが大混雑(観光客で)で

普通にバス停で1時間〜2時間待つことになってしまう恐れもあるからね。

元箱根港のバス停(土日祝の夕方)はこんな感じ⇩

しかも道路も混んで渋滞しちゃう可能性も高いから帰りが予想以上に遅くなってしまうことも・・・

車で行ける人は道路混雑がネックかな〜

そんな感じだったので、平和の鳥居で撮影をするなら時間帯を気をつけて行った方が良さそうです。

でもね!どのくらい混んでいるのか、待ち時間もその日その日でまちまちだと思うので、

あくまで参考程度にしておいてくださいね^^

撮影するなら気合いを入れて行きましょう〜w

箱根神社の平和の鳥居への行き方のまとめ

箱根神社の平和の鳥居へ行った時の感じをまとめました。

いかがでしたか?

実際インスタ映えもする場所だから思い出にぜひ撮りたいと考えると思う!

あとは時間帯だけ気をつけておけば

写真は撮っておいたほうがいいしね^^

パワースポットでもある箱根神社。

湖に浮かぶ平和の鳥居は必ず訪れておいた方がいい場所に間違いない場所でした!

by 編集長coco

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ