布で作るぷっくり大きいリボンの作り方!簡単キキ風を画像で解説!

こむぎ
どうも!こむぎです!

ぷっくりした大きいリボンかわいいよね~♡

ハロウィンの衣装やイベント・発表会等で映えるんだよね!

大きなリボンで印象的なのが「魔女の宅急便」のキキや、
「不思議の国のアリス」のアリスとかかな!と思ってね。

今回製作したリボンは魔女の宅急便のキキ風にしているよ!

真っ赤なリボンね!

実際作ったので画像を使って説明するね~

スポンサーリンク

布で作るぷっくり大きいリボン用意するもの

こむぎ
本格派リボン!

しっかり作れるタイプでしかも簡単な作り方だよ!

ミシンを使っているけど、ミシンがない人は手縫いでもOK!

ぷっくりふっくら仕上げるためにリボンの中に一工夫しているよ。

準備するものからいくよ~

用意する道具

・A4のコピー用紙

リボンの型紙になるよ!

・生地

生地はサテンでもタフタでもシャンタンでも綿でもOK

・チュール

芯の代わりとぷっくり仕上げるために使うので硬めのチュールがおすすめ!
今回は50D(デニール)を使ってるよ。

・25mmサテンリボン(20cmくらい)

選んだ布の色に合わせてね!

・針

・糸

・ハサミ

※付け方によって以下の用意するものが変わります。

ヘアピンで付ける場合

・6mmの黒ゴム(10cmくらい)

・コーム

ヘアバンドで付ける場合

・カチューシャ(100均のものとか)

・選んだ布のカラーに合わせたサテンリボン

ヘアアクセの場合

・ヘアゴム

とかで用意してね!

今回はヘアピンで付ける場合の画像で説明するね~

ぷっくり大きいリボンの作り方を簡単キキ風画像で解説!

こむぎ
じゃあ、作り方いきま~~す!

リボンの型紙にはコレ!

まずはA4のコピー用紙を型紙でつかうので用意します。

とくに書いたり切ったりしないので印刷後のコピー用紙でもOK。

リボンの生地とチュールをカットする

A4のコピー用紙をのせてカットしていこう。

生地とチュール重ねてカットで!

【ポイント】

生地にはヨコ地とタテ地ってあるんだけど、
基本はタテ地でカットとなっている。

今回はぷっくりハリのあるリボンを目的にしているので
ハリがある地の目でカットすることをおすすめする。

ちょっとわかりにくいかな??

ギャザーが寄せやすい→×
ギャザーが寄せにくい→○

って感じかな!
ギャザーが寄せにくい地の目がごわつきもでるからハリも出てふっくらしあがるんだよね~

今回のこむぎの選んだ生地はヨコ地の方がハリがでるからこんな風に取ってるんだよ!

リボンの生地とチュールを重ね合わせる

リボンによりハリを出すためにチュールを中に入れることにしているよ。

生地とチュールを一緒にして周囲をミシンで縫っておくと作業がしやすいよ!

2つ折りにして周囲をミシンでたたく

チュール側が今表にきているよ!

縫いしろは1cmで周囲を縫っていく。

リボンを表側にひっくり返すので図の部分約5cmはあけておく

サイドは返し縫必須!

リボンを返して角を出す

表側へリボンをひっくり返してリボンの角を出す。

出すときは目打ちか針を使って丁寧に出すこと!

先ほどあけた約5cmの開きをミシンもしくは手で縫いとめる

リボンにする

ただの四角状態なので、山3つと谷2つ作る

山→谷→山→谷→山

動かないように中心で針と糸でとめる。

6mm巾の黒ゴムを輪の状態(約5cm上がり)にする。

リボンの後ろに黒ゴムを付ける。

25mm巾のサテンリボンをリボンの中心にくるくると2回巻いて糸で縫う

このときサテンリボンが動かないように何か所か点止めしておこう!

必要であれば中心にコームをつけておくとお団子頭にはしっかりつくよ!

スポンサーリンク

布で作るぷっくり大きいリボンの出来上がり!

こむぎ
で、できた~~!!

\じゃじゃ~ん/

これで完成で~~す。

魔女の宅急便のキキ風リボンだよ!

これでハロウィンもバッチリだね!

ぷっくりしたハリのある大きいリボンの出来上がりぃ~~

特に子供の頭には映えるだろうな^^デカイし

魔女の宅急便のワンピースの作り方の記事もあるよ⇓

布で作るぷっくり大きいリボンの作り方!のまとめ

ぷっくり布で作る大きいリボンの作り方はどうだったかな?

難しさを取り払った感じで作ったんだけど。。。

これだったら中途半端になりにくいよね~

しっかりしたリボンになるから使いまわしがきくんだよ!

ぜひとも参考にして作ってほしいリボンですぅ^^

by こむぎ

スポンサーリンク