古本買取にもったいない本舗の無料集荷で出してみた!いくらになる?

こんにちは!編集長のcocoです!

気が付けば本棚から本が溢れて床に直置きになっていることがしばしあります(汗)
家にある要らなくなった本はどうしてますか?
ゴミの日に出す?それとも古本屋に売る?

私は古本屋に売っちゃいます^^
安くても買取ってもらえればジュース1本くらいにはなります。

今回は、古本買取にもったいない本舗の無料集荷で出してみた!いくらになる?をご紹介いたします。

スポンサーリンク

古本買取にもったいない本舗の無料集荷で出してみた!

先日古本買取店で有名な「もったいない本舗」で数十冊古本を売りました。
実は今回で3回目なので、いつのまにか常連さんになってきています。
おまけに、アマゾンの中古からよく購入もしているんですよ!
1冊1円~と破格の値段で本が手に入ります。



もったいない本舗の利用でいいところは外に一歩もでずに
本の売買ができることではないでしょうか?

数年前までは運べるだけ本を持って古本屋へ行ったりしてましたが、
持ち運べる数に限界もあるし、買取に家に来てもらうのも日時の調節などが少し面倒くさいと感じてやったことがありません。

このごろはネットですべて完結できるので楽になりました。

もったいない本舗の買取についてですが、
本以外にCDやDVD、ゲームソフトなどなども買取対象となっています。
基本的に本のみは30冊~の買取になります。

ダンボールが家にあればそれに詰めれば大丈夫です。

サービスでダンボールとガムテープを無料で提供しているので、ちょうどいいダンボールがなければ買取案内資料請求でまずはダンボールとガムテープを貰いましょう。
ヤマトさんが運んできてくれます。

古本買取にもったいない本舗の無料集荷で出した手順!

先日は大掃除をして沢山要らない本がでたので
きっとダンボール3箱分ないと足りないかも!と3箱分いただいたのですが、
その後の選別によって実際は1箱分しか埋まらず・・・

電話で余分にもらったダンボールのことを聞いてみると

「ご自身で使ってもらって大丈夫です」

とのことでした。

ダンボールに本を詰めたら
「買取申込書」を記入して身分証明書のコピーを貼り付けて一緒に入れましょう。

「買取申込書」は「買取案内資料」を請求していれば一緒に届きます。
請求をしていない場合はもったいない本舗のホームページから印刷できます。

コピー機がない場合は
下記の必要事項を、お手持ちの紙(A4サイズ程度)に記入し、ダンボールの一番上に入れてください。
・お名前
・生年月日
・郵便番号
・ご住所
・電話番号
・メールアドレス
・ご職業 (例:会社員、自営業、学生、主婦、アルバイト、無職 等)
・お振込口座

*箱が複数ある場合も、申込書は一枚で結構です。

発送の準備ができたら
もったいない本舗の公式サイトから「無料集荷依頼」のページから集荷依頼をするか、電話で集荷依頼をするかになります。

15時までの依頼で当日集荷されます。

あとは査定によっていくらで買い取れるかが出ます。
希望でいくらになったのかメールをもらえます。
同意後に振り込みをしてもらえます。


スポンサーリンク

もったいない本舗で古本買取でいくらになる?

もったいない本舗で約30冊くらい売って出た買取価格はコチラ⇓

201円!!
く~~安い><

「安いからやっぱり売るのやめた~返却して~」

となると今度は返却料を取られてしまうので要注意です!

いいんです!
もったいない本舗は売るまでのサービスがいいと思う人が使えば、
実際は本1冊10円くらいにしかなっていないと思います。
あと数冊はお金にならない本なのだろうなという感じですね。

もちろんお金になりそうなアート本などは
もったいない本舗には売らず専用の古本屋に売ります^^
先日は20冊ほど洋書の絵本をまとめて売って8,500円ほどになりました。

そう、使い分けをしましょうということです。

もったいない本舗は本当に要らなくなった本で、まだまだキレイで捨てるにはもったいないと思える本を基本は出します。

そして高価買取が可能な本は別の専門古本屋に売ります。

本にとっても私にとっても一番いい方法です。

古本、CD、DVD、ゲーム買取のもったいない本舗

古本買取にもったいない本舗の無料集荷で出してみた!いくらになる?のまとめ

いかがでしたか?
要らない本をもったいない本舗で売ってみたらジュース代くらいにはなるよ!
高価な買取狙うなら専門店で売りましょう~
ということを記載しました!

どちらにせよ本を売れば部屋はスッキリしますよ!

定期的な部屋の掃除、引越し、年末の大掃除には一気に本を売ることができる
もったいない本舗はある意味重宝します。
お試しあれ~

by 編集長coco

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ