旅のしおりを手作りで制作!世界で私だけの旅本を完成させよう!


旅のしおりに予定を書き込んで最終的には旅日記として旅全体のことを記憶させて世界で「私だけの旅本」を制作しましょう♪

旅行は行く前から始まっています。
計画を練るのもすでに旅行の一部です。
何も記憶させなくても楽しく過ごせれば良いとも思いますが、せっかくなので旅のしおりから制作することをおすすめします!
スマホのアプリ等使わずに手作りで制作すると味わいが出て見返す時の楽しみがあります。

子どものころもしおりをみながら次の目的地に行ったこと覚えていますか?
実は我々はちゃんと子どものころから目的を決めて目的の場所に進んで行くことを学んでいたんですよね。

旅のしおりを作ることの意味は大きく、一度頭の中でシュミレーションをしている形になりますので旅行がスムーズに進みます。
旅のしおりと一緒に旅行に出かけましょう♪

スポンサーリンク
  

旅のしおり手作りで制作!私だけのオリジナルデザイン

旅のしおりを作るための下準備
旅行の計画を書き出そう!

◎日数は?

◎持ち物は?

◎何を食べたい?

◎行きたい場所は?

◎参加したいイベントは?

思いつくやりたいことは全て書き出そう。
旅行のガイドブックは持ち歩くには重かったりかさばったりします。
中には全く行く予定のない情報も入っているので、自分の旅のしおりの中に「行く予定・行きたい所」を記載して行きましょう。
そうすることで、現地で無駄に考えたり迷ったりの時間が削減できます。
そんな無駄な時間もキライではありませんが(笑)

ガイドブックのページやネットの情報を印刷して貼っていってもいいです。
とにかく「私だけのオリジナルの旅のしおり」を目指しましょう。

旅のしおりのノートを準備しよう!

ここからはどのように旅のしおりを制作していくかについてお話します。
お気に入りのノートを準備しましょう!
ノートは自分が使いやすければ何でもいいです。別に高いものでなくてもいいです。
100均のノートでもかまいません、大きさもお任せします。

スポンサーリンク

ノートの使い方は例を載せているので、旅行の日数をみて必要ページ数を振り分けていってください。

<ページの使い方>
・日程表
・持ち物リスト
・食べたいものリスト
・路線図
・地図
・行きたい場所・お店・レストラン・美術館などの名前・行き方を書いておきましょう
・日記
・メモ

前の章で述べていた、ガイドブックやインターネット情報を「行きたい場所・お店・レストラン・美術館」部分で貼ったり、「路線図・地図」を貼って事前に準備しておきましょう。
ここまで出来たら旅のしおりの完成です!
ご自身の旅行に持ち歩くようにしましょう。

旅のしおりに旅日記を書き込んでいこう!

旅とともにしおりに書き込んでいきましょう!!

行ったレストラン・ショップ→名刺
博物館・美術館→チケット半券
飛行機・電車→切符

などもいい思い出になりますので、捨てずにメモのページにペタペタ貼っていきましょう!
旅行中は落ち着く場所がなかったりもしますので
夜ホテルで旅のしおりを確認しましょう。
一日しおり通りに回れたか?回れなかった場所は斜線をいれるなどして訂正を入れて
いきましょう。
時間を書き込んで行くと時間配分の目安が分かってくるので分かる範囲で時間を書き込むことをおすすめします。
そして日記を書きましょう。自由に書いちゃっていいです!
文字だけでもいいし、イラスト書いて絵日記みたいにしてもいいし、ダメなものは何もないです!
その方が見返した時に面白いと思うので!
日記と一緒に写真を貼るのもおすすめです。
チェキのようなインスタントカメラがあればすぐに貼れちゃいますが、そこまでは難しいので、後で写真が出来たら貼って行くとより旅が思い出されます。

旅の日記的なものは後から書こうと思っても日が経ってしまうと難しいのでその日のうちに書いて完成させていきましょう!
そして次の日の計画も立てて行くと良いでしょう。

まとめ

旅のしおりを手作りで「私だけのオリジナルの旅本」をぜひ制作してみて下さい。
きっと後々見返す時に作っておいて良かったと思える日がきます!
私も何冊か制作したものがあって見返すたびに懐かしくて笑みがこぼれます。
これからいい思い出を旅のしおりと共に作っていきましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ