台湾旅行記「ランタンフェスティバル」を楽しむ究極の旅3

台湾旅行記「ランタンフェスティバル」3日目です。
3日目は台北を飛び出して台中へ「ランタンフェスティバル2012」メイン会場となった鹿港老街(彰化県)へ行ってきました。

個人的にどうしても行きたかった彩虹村(彩虹眷村)へも足を伸ばしています。

スポンサーリンク
  

台湾旅行記ランタンフェスティバルへ行ってきました!
3日目

全体のスケジュールはこちら
台湾旅日記「ランタンフェスティバル」のイベント参加日程表!どこで開催?予算は?

3日目 雨のち曇り 昼15℃ 夜10℃

7:30 台北駅から新幹線に乗る

8:30 台中に到着

9:00 タクシーで彩虹村(彩虹眷村)に行く

10:00 朝ご飯

11:00 無料シャトルバスで鹿港へ

12:00 昼食

14:00 鹿港観光

15:00 無料配布ミニランタンGet!!

17:00 ランタンフェスティバル2012 in 鹿港

19:00 無料シャトルバスで台中へ

21:30 ホテル周辺のお店で晩ご飯

23:00 ホテルにて就寝

3日目はランタンフェスティバルメイン会場の鹿港へ行くために新幹線に乗って台北から台中へ移動しました。
新幹線のチケットは台湾到着した日にセブンイレブン「i bon」で購入済み片道700元

新幹線で約50分程で台中に到着!
そのままの足で行ってみたかった彩虹村に直行。
駅からはタクシーで10〜15分くらいで行けます。近年人気の観光・撮影スポットになっているので平日のお昼までに行くのがおすすめです。

スポンサーリンク

彩虹村(彩虹眷村)は「馬祖二村」という名前の村です。
元々は取り壊す予定だった仮設住宅並みのボロボロの家を2008年から黄さんというおじいさんがペンキでカラフルに彩っていったそうです。それも絵を習ったわけでもなく。
彼はなんと当時80歳代後半、今は90歳超えです。
実際行くと広範囲に絵が描かれていました。
「すごい・・・」の一言です。
住宅地一面に絵が描かれていて、それを飛び出して道路から公園へと続く・・・
素晴らしいアートでしたね。
朝9時ごろだったのでまだ観光客もいなかったので、パシャパシャ写真を撮っていたら黄さんが出て来てくれました。
そして壁に向かって絵を書き出しました。
いや、絵の補修だったのかも!
朝早く行ったにもかかわらず出きていただいて大変貴重な時間を過ごせました!
その後はまたタクシーを使って台中駅へ戻りました。

戻った台中駅で一旦朝ご飯をして、
台中駅から出ている無料シャトルバスに乗ってランタンフェスティバルの会場鹿港へ
バスで約1時間で到着したものの、雨と強い風で寒い・・・
昨日の夏のように暑い日差しは嘘かのよう。
甘く見ていた私は薄着で来てしまい失敗です。
トレーナーを1枚購入して装備を整えるはめになってしまいました。
台湾の天気と気温はよくわかりません(汗)

この日は観光に時間がたっぷりあったのでランタンが飾ってあるメイン会場と周辺を回ってお昼ご飯食べて〜お茶して〜
お祭りの割にあまり観光客がいないという印象です。まだ日が明るかったからかも!?
そうしていると3時頃からミニランタン無料配布が始まるというので、列に並んで頂いてきました。
可愛らしいミニランタン。その場にいた子どもたちも大にぎわいでした。

徐々に日が暮れてきて、いつの間にかすごい人、人、人。。。
それはそうですよね!
飾ってあったランタンにも火が灯って街全体がランタンに覆われてとても綺麗でした。
お昼とはまた全然違っていい感じです♪
メイン会場には大きなセットが建てられているので圧巻です。
これが全て無料で楽しめるなんて!!と絶叫です。
ある程度写真が撮れたので早めの帰宅
19時には無料シャトルバスに乗って台中駅へ戻りました。

ホテルにチェックインした後にホテルの近くにあるお店で晩ご飯食べて、ホテルに戻ってひたすらポストカードを書きました。

台湾旅行記「ランタンフェスティバル」を楽しむ究極の旅4へつづく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ