ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道の混雑状況は?いつが空いてる?

こむぎ
どうも!こむぎです!

2019年はグスタフ・クリムトが、ウィーンが熱い!
ということで今年は日本とオーストリアの友好150周年にあたる年なので多くの貴重な作品がウィーン・ミュージアムから日本へやってきます。

東京では国立新美術館で、大阪では国立国際美術館で開催される「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」の混雑状況を中心に、空いている曜日や時間帯。混雑回避方法などを紹介しようと思います!

スポンサーリンク

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道が東京と大阪で開催!

こむぎ
ウィーン・モダン展は東京と大阪で開催するよ!

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道は、

東京では、国立新美術館 企画展示室1Eで2019/04/24(水)から2019/08/05(月)まで開催されます。

大阪では、国立国際美術館(大阪・中之島)で2019年8月27日(火)から12月8日(日)まで開催されます。

「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」のみどころは?

展示内容はウィーンの芸術・文化・歴史が総合的にみることができる展覧会です。
絵画や工芸、グラフィックデザイン、インテリア、ファッション等々ウィーンで活躍した画家やデザイナーの作品が一挙に日本で鑑賞できるので貴重な展覧会になります。

画家は有名どころといえばグスタフ・クリムトやエゴン・シーレ、ココシュカを中心に数多くの作品が集まります。

個人的みどころの一つにグスタフ・クリムトとエミーリエの2人

クリムトと愛人エミーリエの関係を深く知れるのかもしれない・・・
2人は生涯夫婦になることがなかったのも理由があるんでしょうね。

エミーリエが着ているドレスも展示されるのでとても貴重な機会です↓

ウィーン・モダン展の混雑状況は?

こむぎ
注目度高し!人気の作品多し!
混雑するよね〜。。。

注目が高い展覧会なので混雑は必死です。
特に今年は大型連休が多いので、展覧会場も多くの人で賑わっています。

東京ではちょうど大型連休のゴールデンウィークの時期から夏休みの半ばにかけて開催されているので多くの人の休みの期間や土日祝のピークの時間帯は待ち時間が発生します。

大阪もシルバーウィークや土日祝は混雑する傾向です。

東京展と大阪展の違い

今回の展覧会の作品数は東京と大阪で少し変わるので、

展示点数
東京:約400点(クリムト47点、シーレ22点、ココシュカ17点)大阪:約330点(クリムト18点、シーレ11点、ココシュカ8点)

このあたりを参考にしてみると大阪に比べると東京の方が点数が多いので、より混雑も多い傾向にあります。

スポンサーリンク

ウィーン・モダン展の空いてる曜日や時間帯は?混雑回避方法!

こむぎ
なるべく空いてる日に行けるといいよね!

空いてる曜日

東京展は毎週火曜日が休館日になっています。
平日の中でも月曜日と金曜日は混む傾向になるので、水曜日・木曜日あたりは比較的観やすくなる傾向にあります。

大阪展は毎週月曜日が休館日になっています。
大阪の方も金曜日が若干混む傾向にあるので火曜日・水曜日・木曜日あたりが穴場です。

空いてる時間帯

朝〜お昼過ぎまでが1番混みやすい時間帯なので夕方の16時以降が比較的空いてくる時間帯なのでおすすめです。
平日か日曜日の夕方とかね!

混雑回避するには?

基本的に混雑がひどいのが土日祝なのですが、今回の展示は大規模で長期で開催されるのでGW・夏休み・SWあたりも混雑しているときはしています。

混雑がひどいとチケット売り場や展覧会入場の際に待ち時間が発生することもあるので、行く日には公式ツイッターをチェックしておくといいですよ!

ウィーン・モダン展ツイッター

国立新美術館の公式アカウント(東京)

国立国際美術館の公式アカウント(大阪)

混んでいたらどのくらいかつぶやいてくれるので要チェックです!

まだ手元にチケットがない場合は事前に購入して行かれた方がスムーズです。

チケットぴあ

実際混雑時にはチケット購入だけで10〜30分待つこともあるので、そうなったら時間がものすごく勿体無いです。
人気の展覧会には必ず事前購入をおすすめします!

チケット料金

一般 1,600円(1,400円)
大学生・専門学校生 1,200円(1,000円)
高校生 800円(600円)
()は前売りの値段。

チケットぴあ

開催地域

東京展

会場:国立新美術館 企画展示室1E(東京都)
期間:2019/04/24(水)~2019/08/05(月)
休館日:毎週火曜日
※4月30日は開館
※毎週金・土曜日は4・5・6月は20:00、7・8月は21:00まで。4/28(日)~5/2(木)、5/5(日)は20:00まで開館
※入場は閉館の30分前まで

大阪展

会場:国立国際美術館(大阪・中之島)
期間:2019年8月27日(火)〜12月8日(日)
休館日:毎週月曜日
※9月16日、23日、10月14日、11月4日は開館し、翌日休館。

2019年2つのクリムト展について

ウィーン・モダン展混雑状況のまとめ

「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」東京と大阪で開催され、2019年注目度が非常に高い展覧会なので混雑状況や混雑回避方法をまとめてみました。
クリムトの作品も数多く拝むことができるのでこの機会は逃さない方がいいですよ!

行かれる際は事前にチケットを購入してからがスムーズに行けるのでお忘れなく〜

by こむぎ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ