井の頭公園の桜の時期の混雑状況やボートの料金と待ち時間は?

井の頭恩賜公園はいつも多くの人で賑わっていますが、
桜の時期は場所取りの朝の時間帯からライトアップの夜までひっきりなしにず~っと賑わいをみせています。

吉祥寺の駅から徒歩5分ほどで行けてしまう公園なので立地がいいですし、
お花見ついでにカフェでランチやお買い物を楽しめます。
近くに動物園やジブリ美術館もあるのでお出かけスポットとしてもおすすめです。
とにかく行きやすく、人気で多くの人から愛されるお花見の名所なのです!

今回は、井の頭恩賜公園の桜・お花見の時期の混雑状況は?
人気のスワンボートの料金と時間は?待ち時間とおすすめの日時は?

をご紹介いたします。

スポンサーリンク

井の頭公園お花見の混雑状況は?桜の見ごろも紹介

【井の頭恩賜公園 桜の開花時期・桜の見ごろ】
例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬
【井の頭恩賜公園 ライトアップの時間】
ライトアップの時間:18:00~22:00

例年この桜の時期だけで約60万人もの人が訪れるといわれています。

そして、井の頭恩賜公園は桜の名所100選にも選ばれている公園なので花見スポットとしてとても人気です。

そこで気になるのが混雑状況ですよね!
私も毎年訪れているのですが、平日・土日共に混雑している印象です。

もちろん平日の方が土日よりもマシなのですが、
時期がちょうど春休みなので平日でも親子連れや友達同士、カップルで賑わっています。

公園内でシートを広げてお花見をするには朝早くからの場所取りが必要になってきますが、
公園内を歩いてのお花見なら何時に行ってもいいですしね!
その場合は天気のいい昼間がおすすめです。
桜の写真写りも綺麗です!

お花見に便利グッズ!あると快適に過ごせるアイテムをご紹介!

公園内には何店舗か売店があるので軽食・飲み物は購入することができます。
軽食は主に焼きそば・たこ焼き・ホットドック・団子のような感じなので、
お花見をガッツリするのならお弁当持参か公園到着前までにオードブルなどを購入しておくといいと思います。

桜開花したので吉祥寺の井の頭恩賜公園にさんぽに行ってきたよ!

井の頭公園の桜の時期のボートの料金と時間は?

井の頭恩賜公園の中でも人気なのが「ボート」です。
ボート料金と3月と4月のボートの時間はコチラです⇓

【ボートの料金】
●スワンボート(足漕ぎ)30分 700円

●サイクルボート(足漕ぎ)30分 600円

●ローボート(手漕ぎ)60分 600円

【ボートの時間】
●3月:9時30分~17時20分

●4月:10時~17時50分

1番人気はスワンボートですが、
桜を見渡そう、写真を撮ろうと考えるのなら手漕ぎのローボートがおすすめ!

スワンボートは屋根があるので、どうしても影ができてしまいますからね。
日焼け防止なら屋根付きのボートがおすすめですけどね・・・

スワンボート、サイクルボートが30分に対して
ローボートは60分楽しむことができるのもいいです^^


スポンサーリンク

井の頭公園の桜の時期のボートの混雑と待ち時間は?

井の頭公園に来たのならお花見はボートの上で♪

そう、桜を水上から360度見渡せる絶景のポイントがボートの上です。
写真を撮るのにもボートの上からがおすすめです^^
ただ、とても人気なので時間帯によっては待ちができてしまいます。

昨年平日のお昼すぎに行きましたが、
ボート乗り場には長蛇の列ができていました。
ざっと1時間~1時間半待ちはくだらない感じはしましたね。
その時はこんな状況でした⇓

その日がちょうど桜の開花したいい日だったこともあると思いますが、
桜も見ごろがあるので、やっぱり綺麗な時期には混雑は必至です^^;

ボートに待ち時間少なく乗るには午前中がおすすめ!
多少天候や曜日などで増減はありますが、
お昼過ぎ当たりからは行列になってきて30分~1時間待ちになってしまうので
ボート開始前に行けばスムーズに乗ることができます。

ボート目的で行くなら午前中には行くようにしましょう!

まとめ

いかがでしたか?
今回は、井の頭恩賜公園お花見の混雑状況と人気のボートの時間と料金。
そしてボートの混雑・待ち時間についてご紹介いたしました!

お花見にお出かけの際はしっかり準備もして行ってくださいね!
朝晩はまだ寒く、日中はポカポカ陽気ですが、紫外線多めです。

井の頭恩賜公園に行くのならボートの上からお花見鑑賞がおすすめです!
ぜひ行くのなら待つ時間の少ない朝の時間帯に行くことをおすすめします。
紫外線対策もお忘れなく!

by 編集長coco

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ