氷の朔日の由来と東京都内で食べれる天然氷で作った極上のかき氷


6月1日は「氷の朔日(ついたち)」の日。ざっくり言うと氷を楽しむ日!
日本には四季それぞれに風習があります。
そんな四季がある日本で生まれたからには季節の変わり目を存分に楽しみたいですね!
氷の朔日の由来と、東京都で食べることができる天然氷を使った極上のかき氷が味わえるお店をまとめました!

スポンサーリンク

氷の朔日(ついたち)の由来

6月1日は「氷の朔日(ついたち)」と呼ばれ、氷や氷餅などを神様にお供えしてその後食べるという風習があります。
その昔、宮中では6月1日に、これからくる暑さに負けないようにと氷室(ひむろ)の保存していた氷を食べる「氷室の節会(せちえ)」という行事があり、これが由来であるといわれています。
氷室とは冬にできた天然の氷を夏まで保存しておく貯蔵庫のこと。
冷蔵庫なんてない時代。氷はとっても貴重なものだったんです。
現代ではあまり耳にする機会のない風習ですが、夏を元気に乗り切れるように願いを込めて、この日に冷たいものを食べるのもいいですね。

<編集長cocoのうんちく>

清少納言の「枕草子」に、こんな一節があります。
「あてなるもの。(中略)削り氷にあまづら入れて、新しき金まりに入れたる。水晶の数珠。藤の花。梅の花に雪が降りかかっているよう。」平安時代からかき氷があったことが驚きです。とはいえ、身分が高い貴族にしか許されない贅沢だったようです。

昔から季節を感じて、丁寧な暮らしを日々おくってきたのかな!と感じますね。

関西ではういろう!?

関西では6月から7月にかけて「みなづき」という季節のお菓子が食べる習慣があります。
これは三角形に切った白い「ういろう」の上に甘い小豆が乗ったもので、実はこれも「夏に食べる氷の代用品」。白い三角のういろうは氷の破片を象ったもので、その上に乗った小豆は厄払いの意味があるといわれています。

6月30日は、旧暦でいう水無月祓のある日で、この菓子を食べる習慣が今に残っていることから。これを食べると厄除けになり、夏の病気にかからないといわれています。

現在の「みなづき」は6月1日の「氷の朔日」よりも、6月30日の「夏越しの祓え」に食べることが多く、「夏の健康」よりも「残り半年の幸せ」を願う縁起菓子として食べられています。

地域によって風習もさまざま。季節を楽しむ食べ物を生活の中に取り入れていくのも良いですよね!


スポンサーリンク

東京都で貴重な天然氷で作ったふわふわの極上かき氷が食べられるお店

数年前に天然氷で作ったかき氷がテレビで話題になりSNSでも取り上げられている様子を見てきました!
下手すれば何時間待ちは必至であったりもします。
でも、話題になったものは気になるし、食べて見たいですよね!
今回は東京都内で食べることができる天然氷で作ったかき氷のお店のご紹介です!

🍧ひみつ堂

🏠:東京都台東区谷中3-11-18
☎:03-3824-4132
🕒:11:00 (土日は10:00 )~20:00
(10月~5月は曜日により18時閉店・夏季は9時30分開店)
定休日:月曜 (10月~5月は月曜・火曜)
最寄り駅:JR「日暮里駅」・東京メトロ千代田線「千駄木駅」
ひみつ堂食べログ

🍧だるまや餅菓子店 (だるまやもちがしてん)

🏠:東京都北区十条仲原1-3-6
☎:03-3908-6644
🕒:10:00~18:30(L.O.)
ランチ営業、日曜営業
定休日:火曜日
最寄り駅:JR埼京線 「十条」駅
だるまや餅菓子店食べログ

🍧ちもと

🏠:東京都目黒区八雲1-4-6
☎:03-3718-4643
🕒:10:00~18:00(テイクアウト)
10:00~17:30(イートイン)
日曜営業
定休日:木曜日
最寄り駅:東急東横線 「都立大学」駅
ちもと食べログ

いついけば大丈夫とか、この時間帯は空いてますとかは絶対ではないので言い切れませんが、
夏休み期間は避けたいのと、やはり平日の朝に行くべきですね。
並ぶと分かっているのならなおのこと開店前1時間前に並ぶとか。
あとは天気が悪い日、肌寒い日などかき氷を食べる気分でない気候を選んでみると案外空いてたりしますよね!
それこそ6月1日「氷の朔日」がおすすめです!
かき氷をSNS上にアップして『6月1日は「氷の朔日」なんだよ〜』とつぶやいてみるのもいいかもしれませんね!!
これがきっと現代の四季の感じ方なのかもしれませんね!

氷の朔日の由来と東京都内で食べれる天然氷で作った極上のかき氷のまとめ

このページを読んで少し夏の訪れを感じてもらえたでしょうか?
猛烈に暑い日はかき氷何杯でもいけちゃういきおいなのですが、6月1日に天然氷のかき氷を楽しんでみてはいかがでしょうか?
今年の暑い夏を乗り切るために天然氷でちょっと贅沢を!

by 編集長coco

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ