スマホで花火をきれいに撮影するコツと必要アイテム。おすすめアプリの紹介

夏を向かえると花火大会のオンパレード!せっかく花火を見に行ったなら、SNSなどに写真をアップしたい方も多いのでは?
今回はiPhoneやAndroidのスマートフォンを使って、花火を綺麗に撮影するためのコツをまとめました。

●場所とりは一番大事!
●スマホを固定する!
●バーストモードかビデオをフル活動!
●おすすめのアプリは?
を紹介します。

スポンサーリンク

☝場所とりは一番大事!

スマホで花火を撮影しようと思うと遠すぎる場所はNGです。
というのも、iPhoneやAndroidのアウトカメラの画角は、ほとんどの機種の場合、人の視界に近いものとなっているためです。

なるべく花火の打ち上げ地点に近いところが理想的です。
となってくると、花火大会へ行く予定が立っているのなら
その花火大会の『有料席』を購入しておくとベストかもしれませんね!

どちらにせよ、花火を眺める場所前提で席の確保をしましょう。

☝スマホを固定する!

場所の確保ができたら、スマホをしっかり固定します。
スマホ用の三脚で自分の座っている状態での顔の高さ程度にしましょう。
スマホは広角なのでその程度でOKです。

三脚が顔の高さまで来ない場合は、三脚を折り畳んで持てば安定感もあり良いです。


三脚購入時はシャッターリモコン付きがおすすめ。


三脚持っている方で、スマホ用のシャッターリモコンを持っていない方はあると便利です!

三脚なしでの撮影は正直厳しいのですが、体育座りをしてスマホをヒザで挟んで固定するというワザがあります。
ご参考までに!

⚠周囲への気配りも忘れずに!スマホを天高く掲げてしまうと後ろの人の視界の邪魔になってしまいます。花火で興奮してもそこは気をつけるようにしましょう。


スポンサーリンク

☝バーストモードかビデオをフル活動!

おすすめはバーストモード(連続撮影)かビデオ。
連写でチャンスの多いバーストモードは最もお手軽!
ビデオは、あとから気に入ったところをスクリーンショットで保存すれば写真として残すことができる!

狙うは後半!花火は後半に狙いを定める。
序盤は単発が多くて光が足りず、撮影はできるがノイズの多い写真になってしまう可能性あり。
*花火大会プログラムで盛り上がる部分は確認しておこう!

☝おすすめのアプリは?

『夜撮カメラ』
は夜景や暗いところの撮影に強い!
このアプリならノイズがあまりでないように加工してくれるので、花火大会以外でも夜景やお祭りなどでも重宝します!

『Line Camera』

は簡単な補正で花火がより花火っぽく!
細かい調節をしなくとも、プリセットで十分雰囲気が出る。
「フェアリーテイル」を選択すると少し幻想的に!

iPhoneのアルバムから実行できる補正機能で「トランスファー」を選ぶとより花火らしい色合いになります。

スマホで花火をきれいに撮影するコツと必要アイテム。おすすめアプリの紹介のまとめ

みんなが驚くような綺麗な花火写真をスマホで撮ってみましょう!
きっとSNSでも話題になってくれますね。
花火鑑賞に撮影と、結構忙しくなりそうです。

by こむぎ

スポンサーリンク